浮気調査に使えるスマホアプリ

なぜiPhoneを探す機能は浮気調査に使えない?相手のアイフォンに飛ぶ通知でバレるのに注意

なぜiPhoneを探す機能は浮気調査に使えない?相手のアイフォンに飛ぶ通知でバレるのに注意

ほとんどのiPhone(アイフォン)で標準機能となっている「iPhoneを探す」機能。

浮気調査プロ
iPhoneを探す機能は、スマホを無くした時にとても便利ですが、お互いの電話番号を設定していればGPS機能で場所を特定することができるため、浮気調査の目的で使用する人もいるようです。

しかし、このiPhoneを探す機能。

実際にiPhoneを探す機能でこっそり現在地を確認した時に、相手のiPhoneに通知がされてしまわないでしょうか?

相手にバレずにiPhoneを探す機能で居場所だけ特定できる方法はないのでしょうか?

そこでこの記事では、iPhoneを探すの機能で浮気調査をしたい人のために、どのような方法で操作すれば相手にバレずに浮気調査ができるのかについて解説していきます。

 

iPhoneを探す機能を使って浮気調査をしようとすると相手のスマホに通知が届くのでバレる!

浮気調査プロ
結論から言うと、iPhoneを探す機能で相手にバレずにパートナーのiPhoneの現在地を特定することはできません。

 

iPhoneを探す機能の遠隔操作でパートナーの居場所を特定しようとすると、相手側の端末に「Apple IDサインインが要求されました」という画面が表示されます。

この画面にしたがって、相手側がサインインに同意しないとiPhoneを探す機能を使うことができません。

そもそも、浮気調査をしたいパートナーのiPhoneを探す機能設定をオンにしていないと、いくらやっても意味がないということですね。

どのタイミングでどんな通知がパートナーに行くのか?

では具体的にどのようなタイミングで、相手の端末にiPhoneを探す機能による通知が届くのでしょうか?

iPhoneを探す機能を使った際にパートナーのiPhoneに通知が届くパターンは、以下の2パターンなので覚えておいてください。

 

1つ目は、 iPhoneを探す機能を使った際にiCloudにサインインすることを許可するかどうかの画面がパートナーのスマホ画面に表示されます。

これはiPhoneを探す機能がiCloudを使用して行われているためです。

したがって、パートナーのスマホにサインインしようとしている他者のデバイスが信用できるかどうか?の判断を、相手の端末に求める表示が出てきてしまいます。

当然、この表示がパートナーのスマホの画面に出てしまうと、相手にとっては何事か?!と思ってしまうため、相手にバレないようにiPhoneを探す機能で浮気調査をすることは難しいと言えますね。

 

2つ目は、メールでパートナーのスマホにiPhoneを探す機能が使われたことが通知されます。

通知の文面としては「お客様のApple ID が、iCloudへのサインインに使用されました」という内容です。

メール通知は、その時にパートナーが気がつかなければ済みそうですが、いつまでも相手のメールボックスに未読メールとして残ってしまうリスクがあります。

また、現在は乗っ取りなどの被害を防ぐために、上記のようなメール通知をicloudにサインインするたびに行う仕様に変わっています。

したがって、相手にバレずにiPhoneを探す機能でこっそりパートナーの端末の居場所を探ろうとする浮気調査に使用するにはとても困難です。

 

iPhoneを探す機能で相手にバレないように浮気調査をする対策方法はあるのか?

浮気調査プロ
この章では、相手にバレずにiPhoneを探す機能を浮気調査に使えないかどうか探っていきます。

前の章で紹介した、パートナーのスマホの端末にiPhoneを探す機能を使用した通知が行ってしまうタイミングを元に考えていきましょう。

あらかじめiCloudへのサインインを有効にしておく

相手のスマホにiPhoneを探す機能でアクセスしようとする自分のデバイスを、常日頃から相手の端末のiCloudに信用させておけば通知が行かないように設定することができます。

そのためには、2ファクター認証を済ませておく必要があります。

2ファクター認証とは、別の端末からiPhoneにアクセスしようとした時に入力する必要がある、6桁の暗証番号のことです。

手順としては、IPhoneを探す機能を設定する時にiCloudへのログインを済ませ、2ファクター認証の設定を行っておきます。

※この手順のデメリット!
この操作のデメリットとしては、大前提として相手のスマホを操作する必要があるということです。例えばお互いの了承のもと、「もしもiPhoneを失くした時に困るから、お互いに設定しておこうね。」と言っておける関係性ならできそうですね。
しかし、そうではない限り、なかなか相手の端末を勝手に設定することは難しいと思います。
さらにiCloudへのサインインは、一定期間アクセスがないと一度設定を行ったデバイスからでも相手に認証を求める画面が出てきてしまいます。つまり一度の設定だけで安心できないというわけですね。

付け加えると、アクセスしようとするデバイスの条件としてMacとiOSに限定されています。なかなか条件として厳しい人も多いのではないでしょうか。

メールの受信設定を変更しておく

相手のスマホ端末を操作して、iPhoneを探す機能を使用した際に発生する通知メールの受信設定を振り分けしておくという方法も使えます。

iPhoneを探す機能の使用によって送られるメール受信を音なしに設定したり、特定のアドレスからの通知を自動的に迷惑メールの方に振り分ける方法です。

とはいえ、これは一時しのぎの解決方法でしかありません。

完全に端末から受信メールが消えることはないので、相手が新着メールをチェックした際には遅かれ早かれ気がつかれてしまいます。

どんなに仲が良い間柄でも、 iPhoneを紛失したわけでもないのに位置情報を操作されていては気分の良いものではありませんね。

これらの事も考えると、相手にバレないようにiPhoneを探す機能を使って浮気調査をすることは、不可能に近いと思っておいて良いでしょう。

Icloudやアイフォンが外部からのアクセスを警戒する仕様に変わってきていることも念頭に入れておいてください。

 

「iPhoneを探す」機能を浮気調査に使った際の流れ

浮気調査プロ
実際にiPhoneを探す機能の初期設定から浮気調査に使用する際の作動まで、どのような流れなのか簡単に説明しておきます。

<手順1>
相手のスマホにiPhoneを探す機能でアクセスしたい自分の端末から、パートナーのiPhoneのApple IDでiCloudにログインする。

<手順2>


パートナーのiPhoneに認証コードが表示される。

<手順3>


「iPhoneを探す」を選択。 すると地図画面に端末の位置情報が表示される。

<手順4>
iPhoneを探す機能で位置検索を行なった通知メールが相手の端末に届く。

以上のような流れになります。

この手順を見てわかるように、浮気調査に使用するには大前提として相手の端末がiPhoneを探す機能がオンに設定されていることと、パートナーのApple IDを知っていることが条件になりますね。

警戒心が強い相手ほど、その辺の設定は慎重になっているのではないでしょうか。

 

「iPhoneを探す」で浮気調査に使用する以外にできること一覧

浮気調査プロ
今まで紹介してきた設定を済ませておけば、「iPhoneを探す」でできることはいくつかあります。

iPhoneを探すの主な便利機能を4つ紹介します。

GPS機能

端末がある場所を地図上で特定できる、最も重要な機能ですね。

紛失時以外にも子供の居場所や、高齢者が安心してお家に帰れるように活用している家庭も多いです。

また、IOS13以降からは、オフライン中の端末でも操作が可能になりました!

音を鳴らす機能

遠隔操作で端末のサウンドを鳴らすことができます。

家や車の中でスマホを探す時に便利な機能ですね。

マナーモードに設定していても音が鳴るようにできます。

この機能を浮気調査で使うとすれば、怪しい場所にいるパートナーに突然スマホの端末を鳴らして、浮気を阻止する目的で使われそうですね。

ロックをかける機能

万が一端末にロックをかけていなければ、遠隔操作でロックをかけてスマホを第三者が使うことから守ることができます。

その時画面上に特定の電話番号を表示させて、その番号だけにかけることができる機能を搭載することも可能です。

浮気現場でパートナーやその相手を困らせたい時に使えるかもしれませんね。

データを消去する機能

盗難した際に不当に個人情報が利用されないように、強制的にiPhone内のデータを全て遠隔で消去する機能です。

最終手段として使われる機能ですが、さすがに浮気中のパートナーの端末に使用するにはやり過ぎの機能です。

 

iPhoneを探すを浮気調査に使用する際の使い方

浮気調査プロ
この章ではiPhoneを探す機能を使用する手順の前段階である、初期設定について簡単に触れておきます。

第一段階として、浮気調査をしたいパートナーのスマホ端末のiPhoneを探す機能をオンにしておく必要があります。

1、設定からICloudを選択してタップ(設定画面の一番上の名前のところから入れます)


2、IPhoneを探すがオンになってることを確認する(基本設定はオンになっています)
3、別端末からiCloudにアクセスする(iCloud.comで検索)
4、探したいiPhoneのApple IDでサインインする
5、iPhoneを探すのアイコンをタップする
6、地図上に端末の場所が表示される

以上のような流れになります。

操作自体は手順に従えば難しいものではありませんが、パートナーのApple IDを把握している・パートナーの端末のiPhoneを探す設定がオンになっている・アクセスするデバイスから以前にもサインインしたことがあり2ファクター認証を済ませてある・・・などの条件が重なっていないとiPhoneを探す機能を浮気調査に使うことはできません。

 

浮気調査をするならiPhoneを探す機能よりもiPhoneのアプリ「友達を探す」のほうがおすすめ!

「iPhoneを探す」の機能を浮気調査で使うメリットとデメリットを紹介してきました。

iPhoneを探す機能は、元々が浮気調査を目的で作られているわけではないので、当然ではありますが端末自体にも外部からのアクセスを警告する工夫が随所にされています。

このようなiPhoneを探す機能でリスクを負って浮気調査をするのであれば、あらかじめお互い同意の上で位置情報を共有できるアプリを使った方が良いのではないでしょうか。

浮気調査プロ
中でもiPhone純正のアプリ「友達を探す」は使い勝手も良くオススメです。

この友達を探すのアプリはお互いに了承の上で使用することが目的となっているので、やましい気持ちなく堂々とパートナーの現在地を把握することができます。

バレる危険をおかしてまでiPhoneを探す機能を使ってこっそりパートナーのスマホの位置情報を捜索するよりは、よっぽど精神的に楽なのではないでしょうか。

 

パートナーの浮気が確信に近く証拠を押さえたい場合は自分で調査するのではなく探偵事務所への依頼がおすすめ

浮気調査プロ
iPhoneを探す機能を使って自力で浮気調査を行うよりも、探偵事務所に浮気調査を依頼してパートナーの行動を尾行・張り込みしてもらう方が確実です。

特に、真剣にパートナーとの関係性を解消したいと離婚を考えている人には、ある程度初期投資をかけてでもプロの探偵事務所にしっかりと浮気調査してもらう方が成功率が高いです。

探偵事務所での浮気調査の成功率が高いということは、そのぶんリスクも少なくて、慰謝料として受け取れる金額も多いということ。

また、浮気調査の結果、証拠を押さえて復縁を希望する場合も、しっかりとした事実を知っておいた方がこちら側として有利になることがとても多いです。(浮気が勘違い・・・ということだってありますよね?)

iPhoneを探す機能を使うような素人が行う浮気調査には限界があります。

もしも、相手の浮気の証拠をつかむ前にパートナーに自分が浮気調査をしている行動がバレてしまったら、浮気をしている本人よりも浮気を調査してる側の方が不利になってしまうことがあるんです。

それだけは絶対に避けたいですね。

これから本気でパートナーの浮気について調べたい人は、iPhoneを探す機能のような綱渡りのような浮気調査方法ではなく、最初からプロの探偵事務所の力に頼ってみてください。

浮気調査に強いおすすめ探偵事務所ランキング2選を見る

 

人気記事ランキング

原一探偵事務所の浮気調査の料金や方法を解説 1

パートナーの浮気で悩んでいる人に、未来に進むための味方になってくれる探偵事務所を紹介します。 パートナーの浮気の疑念ばかりが膨らむと心が不安定になり、悩んでいると時間ばかりが無駄に過ぎてしまいます。 ...

総合探偵社TS 2

パートナーの浮気を疑っている女性や男性、離婚訴訟に向けて決定的な証拠を掴みたい人など、興信所に相談を持ちかける件数は年々増えてきています。 探偵会社は、昔のような暗くて秘密めいた雰囲気はなく、裁判でも ...

MR探偵社で浮気調査の料金と口コミ 3

浮気調査プロパートナーの浮気や不倫で悩んでいる人は、MR総合探偵社に浮気調査を依頼するのがおすすめです。 なぜかと言うとMR探偵社は、問題解決の実力そのものはもちろん、クライアントのその後の人生が幸せ ...

-浮気調査に使えるスマホアプリ

浮気調査に強いおすすめ探偵事務所ランキング
浮気調査に強いおすすめ探偵事務所ランキング

Copyright© 浮気調査プロ! , 2020 All Rights Reserved.