浮気調査に使えるスマホアプリ

ここまでわかる!?グーグルマップ(googlemap)で浮気調査をする方法!ロケーション履歴で相手の行動まるわかり

スマホに入れている人も多いGoogleマップ。

浮気調査プロ
グーグルマップは、土地勘のない場所のナビゲートとしてとても便利ですが、実はこれを浮気調査として利用する人もいるのです。

とはいえ、自分のスマホ以外の端末に搭載されているグーグルマップを、一体どのように浮気調査に活用していくのか?ちょっと不思議ですよね。

そこで、この記事ではGoogleマップに搭載されている機能を紹介しながら、どのような方法でパートナーの浮気をチェックしていくのかについて紹介していきます。

 

Google mapのタイムライン機能のロケーション履歴を使った浮気調査

浮気調査プロ
グーグルマップの地図機能には、タイムライン機能と言って過去1年間のスマホ保有者の行動履歴を、時間ごとに追うことができるのです。

さらにタイムライン機能に備わっているロケーション履歴は、その時に立ち寄った場所やルート、滞在時間まで詳細に確認することができます。

これだけでもパートナーの浮気をチェックするのに十分な証拠になりそうですね。

目的地を探すためだけにGoogleマップを使用していた人にとっては、目から鱗のことかもしれません。

そもそもGoogleマップにはどうしてこのような機能が付いているのでしょうか?

それは、過去の使用履歴からこれまで通ったことがあるルートを確認できることで、前に訪れたことがある先を再訪問するときに役に立ったり、最短ルートを辿るヒントにすることができるためです。

仕事で営業先に向かうことがある人にとっては、過去の使用履歴から前回訪れた際の移動時間を確認することができるためとても便利な機能です。

さらに、方向音痴の人にとっては、マップのナビゲート機能を使って帰る道順を確認できることはとても心強いですね。

土地勘のない場所への旅行時や、子供や高齢者の見守り機能としてもグーグルマップを活用している人が多いです。

このようにグーグルマップのロケーション履歴を残すことで利用者の安心安全を確保できるツールを、逆手に取った使い方が浮気チェックとして使う方法です。

また、お互いの任意のもとでセッティングすることで、お互いの行動履歴も把握できるため浮気防止としてもグーグルマップを使うことができますね。

 

グーグルマップのタイムライン機能のロケーション履歴で何が分かるのか

浮気調査プロ
では具体的に、グーグルマップのタイムライン機能のロケーション履歴で何を知ることができるのでしょうか?

一つずつ紹介していきます。

相手の現在地がわかる

基本中の基本で、Googleマップの一番の目的かもしれません。

位置情報機能を活用して、現在地の共有を行うことができます。

そのためには、当然Googleアカウントを取得していることが条件ですが、アカウントを持っていてタイムラインの設定をオンにしていれば、いつでもお互いの位置情報を確認することができます。

さらに、Googleマップはパソコンからもログインして操作することができるので、相手のグーグルアカウントのログイン情報を知っていれば、パートナーの端末が手元になくても遠隔で相手の居場所を把握することができます。

相手が過去に訪れた場所がわかる

意外に知られていないのがこの機能です。

パートナーの端末が行動履歴などを記録しているタイムライン設定されていれば、過去1年間まで遡ってそれまで訪れた場所を確認することができます。

さらにグーグルマップでは地域ごとに絞って検索したり、カレンダーから日付を指定してパートナーが訪れた場所を調べることができます。

また絞り込み検索では、「日付が新しい順」や「訪れた回数が多い順」なので割り出すこともできるため、自分の目的に合わせて知りたいことを優先して調べることができますよ。

訪れた場所の詳細を知ることができる

ここからがグーグルマップの真骨頂です。

一度でもグーグルマップを利用したことがある人はご存知かと思いますが、平面の地図だけではなく航空写真なので立体的にリアルに街の様子を見ることができますよね。

つまりパートナーが訪れた場所を確認しながら、「ここってどこなんだろう?」「これって何屋さん?」ということを、拡大して外観写真で確認することができちゃうんです。

例えば、地図に載っている建物の名前だけでは、飲食店なのか会社名なのか見当がつかない時があります。

ネットで調べればある程度の情報は分かりますが、「この情報は古い」と言い逃れされてしまってはそれ以上詮索することができません。

しかし、現地に行けなくてもGoogleのストリートビューで確認することで、実際の建物の外観や看板、周辺の様子を確認することができます。

訪れた場所の滞在時間を知ることができる

さらにパートナーがその場所にいた滞在時間まで記録に残っています。

その時間から、何の目的で訪れたのかおおよその見当をつけることができますね。

たまたま通りがかっただけで、1時間以上もその場所にいることがあるのか?仕事の打ち合わせで3時間以上もホテルにいることがあるのか?・・・などなど。

パートナーの浮気の弁解内容と擦り合わせる時に、滞在時間は貴重な証拠材料となります。

訪れた場所までのルートを確認することができる

Googleマップのロケーション履歴のもう一つの利点です。

滞在していた場所だけではなく、そこに辿り着くまでの自宅から(もしくは会社から)のルートを辿ることができます。

このルートを辿れることと浮気調査の関係は、主に2つあります。

一つ目は、「どうしてわざわざそこに行く必要があるのか?」という行動パターンの矛盾を指摘することができる点です。

例えば、「どうしてわざわざ最寄り駅から遠いところの喫茶店で打ち合わせをするの?」とか、「会社の飲み会でどうしてそこの町まで行くの?」などといった不可解な行動パターンに疑問を持つことができます。

二つ目は、事実確認のために自分が現地に行く時に役に立つことです。

パートナーの浮気をGoogleマップで知った後に、実際に自分がその場所に訪れて次の行動を起こしたいと考える人もいますよね。

そんな時にパートナーが移動したルートの通りに辿れることは、道に迷わないことはもちろん、行く先々でそれ以外の浮気の証拠を見つけられるきっかけにもなります。

 

グーグルマップのタイムライン機能のロケーション履歴を確認する方法

浮気調査プロ
グーグルマップのタイムライン機能のロケーション履歴を利用するには、相手の端末にGoogleマップの設定がしてあることが大前提です。

もしもパートナーの端末によって、元からGoogleマップ以外の地図機能が搭載されている時には、あえてGoogleアプリをダウンロードする必要性を感じない人もいるでしょう。

そのような相手を説得して、どのようにしてグーグルマップを設定してもらうかが重要ミッションと言えます。

そのためには、「何のためにグーグルマップが必要か?」「グーグルマップで位置情報を共有することで、どのようなメリットがあるのか?」を明確にしておく必要があります。

当然、グーグルマップで相手を監視することが目的だとバレてしまえば、警戒心を強められてしまいますね。

浮気防止の目的であれば抑止力はありますが、相手の設定次第でロケーション履歴をオフにできることも忘れないでください。

なるべくなら「グーグルマップのタイムライン機能をセッティングしておくと便利なこと」をアピールして、お互い気持ちよく位置情報を確認できる関係性を築いていた方が、相手の警戒心を緩めることができます。

その上で、
・スマホの位置情報をオンにする
・Googleアカウントを取得する
・Googleマップをダウンロードする
・Googleマップのタイムライン機能をオンにする
・ロケーション履歴を有効にする
の、全ての過程を済ませることが条件です。

グーグルマップのロケーション履歴の確認の仕方

すべての条件が整ったところで、今度は訪れた場所がわかるグーグルマップのロケーション履歴の見方についてです。

相手の端末で直接確認する方法と、相手がその場にいなくても自分のパソコンからロケーション履歴を確認する方法とがあります。

いずれにしても相手のロケーション履歴を確認するためには、相手のGoogleアカウントにログインしなければいけないため、グーグルアカウントの情報を入力しなければいけません。

Googleアカウントは登録したメールアドレスか電話番号でログインします。

なので、後はログインパスワードさえ共有していれば、いつでも相手のGoogleマップ履歴を確認することができるというわけです。

ログインできれば、マップ右上にあるアイコンからタイムラインに入ることができます。

最初に表示される地図は、パートナーの現在地周辺です。

そこから日時や地域を指定して、過去に滞在したことがある場所を特定することができます。

 

グーグルマップのタイムライン機能のロケーション履歴から浮気を見抜く方法

浮気調査プロ
この章では、Googleマップのロケーション履歴を活用して浮気を見抜いていくポイントについて紹介していきます。

というのも単純に、パートナーの現在地や過去に訪れたルートを把握するだけでは浮気の証拠としては不十分なため、グーグルマップを浮気調査に活用するからにはしっかりと活きた証拠として「どこを重点に見ればいいのか?」を知っておいてほしいからです。

ポイント1~普段の行動パターンとの違いをあぶり出そう!

グーグルマップのロケーション履歴を使ってパートナーの浮気を見抜くには、普段把握しているルーチンワークと違う点をいくつも挙げていくことが大切です。

例えばパートナーであれば、ある程度の1日のスケジュールは把握していますよね?

自宅と会社の往復なのか?営業職で行動範囲が広いのか?

仕事の帰りに習い事はしているのか?よく飲みに行く店はどこなのか?・・・などです。

これらの、「パートナーが訪れたとしてもおかしくない場所や時間帯」と照らし合わせて、矛盾するような行動(行き先)をピックアップしておくと良いでしょう。

ポイント2~どうしてそこに訪れたか?を想像しよう!

もしもパートナーが用事もなければ行かなさそうな所に訪れている履歴があれば、その周辺にある建物などを確認して、「訪れたとしてもおかしくない理由」を自分なりに想像してみることが大切です。

グーグルマップでは閲覧しているエリアの中で、 検索したいスポットを簡単に確認できる機能があります。

例えば、パートナーがラーメン好きだったとしましょう。

「もしかしたらこのあたりにラーメン屋さんがあるかもしれない」と思えば、「ラーメン店」で検索すると一発で、周辺にあるラーメン店を表示してくれます。

このようにパートナーが訪れた場所だけではなく、その周辺にある建物もチェックしておくことで、どうしてそこの土地に訪れたのか?の想像を膨らませることができます。

ポイント3~いくつかのデータを集積して行こう!

グーグルマップを浮気調査に活用するポイント三つ目にして一番大事なことです。

それは浮気調査では、たった一つの証拠よりも複数の証拠を集めることで、よりパートナーに言い逃れの余地を与えない効力を持つことができます。

つまり「詰んだ状態」に相手を追い詰めることです。

そのためにはけっして、たった1回訪れた場所の履歴で戦おうとしてはいけません。

早まる気持ちを抑えて、冷静にいくつかの浮気の証拠を記録に残していく方が得策です。

また、浮気の証拠収集にある程度時間をかけることで、パートナーの浮気の行動パターンを把握することもできます。

ぜひ、「浮気の証拠を掴んだその先どうするか?」を考えた上でグーグルマップを活用してみてください。

 

Google Mapによる浮気調査の注意事項

浮気調査プロ
最後にグーグルマップを使った浮気調査のいくつかの注意点を紹介していきます。

ここでは、パートナーがGoogleマップを設定していることを前提とした注意点を挙げていきます。

ロケーション履歴チェックの危険性

勇み足でグーグルマップを使った浮気調査をしようとすると、思いがけず自分が加害者となってしまう危険性が潜んでいます。

どういうことか?

それは、相手の許可なくGoogleアカウントにログインすると、「個人情報搾取」や「不正アクセス」の罪に問われてしまうということです。

そのためにはパートナーから、「いつでも自分のパスワードを使ってログインしても良い」という許可を取っていないといけません。

その許可なく勝手に相手のパスワードを何らかの形で入手して、パートナーの知らないところでこっそりとロケーション履歴をチェックすることは、どんなに近い間柄でも許されることではありません。

もしも、このようなやり方で浮気の証拠を掴んだとしても、相手側から違法性を訴えられてしまったら、せっかく集めた浮気の証拠も全て無効になってしまいます。

グーグルマップのロケーション履歴が残らない場合がある

グーグルマップのロケーション履歴は相手の操作一つで、履歴を空白にすることが簡単にできます。

普段はオンにしているGPS機能を切ることもできますし、シークレットモード機能も付いているので、相手次第でこちら側が調べることが不可能な状態を簡単に作れてしまいます。

それを逆手にとって、「履歴をオフっている時間や回数が怪しい!」と問い詰めることもできますが、さらにそれ以上の浮気の証拠がないとそれまでです。

グーグルマップのロケーション履歴が消される場合もある

本人アカウントからできることはグーグルマップのロケーションの履歴を残さない設定の他に、履歴を消去する機能もついています。

しかも、タップ一つで簡単にできる操作なので、こまめに個人情報を整理する性格のパートナーであれば、何も浮気の証拠となる情報が残っていないことがあります。

それまで情報整理をするようなタイプの人ではなければ浮気を怪しむこともできますが、「性格的にネットワークの断捨離をこまめにしないと落ち着かないんだ」と言われてしまえば、こちらとしてはもうなす術はありません。

グーグルマップのロケーション履歴の精度

ロケーション履歴の精度そのものには、そこまで心配する必要はありません。

まれにwi-fi環境が弱い場所や、建物が乱立して入り組んでいる場所などでは、グーグルマップの位置情報で数メートル程度の誤差が生じる場合があります。

とはいえ最大でも200メートルぐらいの差しかないので、十分浮気を確認するには支障がないと思います。

また、滞在時間が極端に短い場合(2分以内など)も、グーグルマップのロケーション履歴として正確な情報が残らない時があります。

しかし、浮気調査が目的なのであれば、たった数分の滞在時間の場所を問い詰めることはほとんどないので、これもあまり気にしなくてよいでしょう。

 

グーグルマップでの浮気調査の方法まとめ~自分で調査するより探偵事務所がおすすめ

Googleマップを使った浮気調査のやり方について解説してきました。

グーグルマップは、お互いの同意の上で便利な機能を使って行けば、かなり精度の高い浮気調査ができるアプリです。

浮気調査プロ
とはいえ、浮気調査はできたとしても、離婚や慰謝料請求などのそこから先に進むにはプロの力が必要です。

本気で離婚を考えている夫婦ならなおさらです。

なぜならグーグルマップで知り得た浮気の証拠は、「相手に浮気を問い詰める手段」にしかならないからです。

本格的にその浮気の証拠をもとに慰謝料を請求したい!とにかく自分が有利になるように別れたい!浮気相手との関係を破談にさせたい!と希望するのなら、探偵事務所に浮気調査を引き継いで決定的な証拠を残してもらうことが大切です。

その際に、それまでGoogleマップで残していた浮気の証拠は重要な資料になります。

そのまま探偵事務所にグーグルマップの情報を提供して、スピーディーで確実な浮気の証拠を掴んでもらいましょう。

探偵事務所であれば、話し合いの場で言い逃れできないような浮気の証拠を時系列的に残してもらえます。

また、離婚訴訟でそのまま使用できるレポートも作成してくれます。

探偵事務所によっては有能な弁護士さんを紹介してくれたり、夫婦関係の修復に長けた心理アドバイザーが在籍しているところがあるので、上手に活用して自分にとって一番理想的な結末を迎えられます。

したがって、Googleマップはパートナーの浮気を把握することまでの利用にとどめて、そこから先は多少お金がかかっても未来への初期投資として探偵事務所を利用するようにしましょう。

浮気調査に強いおすすめ探偵事務所ランキング2選を見る

 

 

人気記事ランキング

原一探偵事務所の浮気調査の料金や方法を解説 1

パートナーの浮気で悩んでいる人に、未来に進むための味方になってくれる探偵事務所を紹介します。 パートナーの浮気の疑念ばかりが膨らむと心が不安定になり、悩んでいると時間ばかりが無駄に過ぎてしまいます。 ...

総合探偵社TS 2

パートナーの浮気を疑っている女性や男性、離婚訴訟に向けて決定的な証拠を掴みたい人など、興信所に相談を持ちかける件数は年々増えてきています。 探偵会社は、昔のような暗くて秘密めいた雰囲気はなく、裁判でも ...

MR探偵社で浮気調査の料金と口コミ 3

浮気調査プロパートナーの浮気や不倫で悩んでいる人は、MR総合探偵社に浮気調査を依頼するのがおすすめです。 なぜかと言うとMR探偵社は、問題解決の実力そのものはもちろん、クライアントのその後の人生が幸せ ...

-浮気調査に使えるスマホアプリ

浮気調査に強いおすすめ探偵事務所ランキング
浮気調査に強いおすすめ探偵事務所ランキング

Copyright© 浮気調査プロ! , 2020 All Rights Reserved.